ジョジョ:ディアボロの名言『オレのそばに近寄るなああーーーーーーーーーッ』

2018年1月21日

本日の名言

オレのそばに近寄るなああーーーーーーーーーッ

発言者:ディアボロ
引用元:ジョジョの奇妙な冒険第五部「黄金の風」

概要

ジョルノのゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの攻撃を受けたパッショーネのボス・ディアボロは川に落ちるが、どうにかローマの地下水路によじ登る。
だが、そこで自らが蔓延させてきた麻薬の中毒者に刺されて死亡。
……したかに見えたが、気が付くと何故か死体安置所のベッドの上に寝かされていた。
体を動かそうとするも動かず、近くにいた女医はディアボロの声等聞こえていないのかそのままディアボロの腎臓を取り出す。
痛みに絶叫するが、気が付くとまた別の街中にいる。
すると、今度は犬が吠えたのに驚いて路上に転げ落ちたところを自動車に……
これがジョルノのスタンド、ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの力であり、このスタンドの攻撃を受けた者はこれから向かうはずの結果に辿り付けなくなってしまう。
つまり、本来なら死ぬはずだったディアボロは「死ぬ」という結果に辿りつけないまま、永遠に「死ぬ」までの過程を繰り返すことになるのだった。
気が付くとまた、知らない野原にいたディアボロは知らない女の子が自分を心配して声をかけてきているにも関わらず、それまで味わった「死ぬ」までの過程に恐怖し、

「オレのそばに近寄るなああーーーーーーーーーッ」

と叫ぶのだった。

考察

ディアボロのスタンド、キング・クリムゾンは過程をすっ飛ばして結果だけを残すスタンドですが、そのディアボロが結果に辿り付けずに永遠に過程を繰り返すのは何とも皮肉なものです。
死ぬ過程に辿りつけない、というのはどのようなイメージでしょうか。
作中では麻薬中毒の男に刺されて死体安置所に行っている描写があるので、まずここからディアボロの死亡劇は始まったのでしょう。
そこから臓器を取り出され、再び死ぬほどの苦痛を味わい、知らない街に移動。
こう考えると、ディアボロが「死んだ」という事実はなかったことになり、世界中の人からも彼が「死んだ」という記憶は消えるのではないかと考えられます。
そして、本人も即座に蘇ってまた別の場所に移動、そしてまた「死ぬ」という動作を繰り返すのではないかと思われます。
さて、ディアボロの最後の断末魔とも言えるこのセリフですが、何気に汎用性は高いです。
何かあまり嬉しくないものが接近して来たときに使うのがベストです。

活用方法

盗み食いした野良犬が自分の傍に寄って来た時。
放っておいたら飼い主と間違えられて弁償させられてしまいます。
そんなときに使ってみましょう。

スポンサードリンク