ジョジョ:山岸由花子の名言『かってに「赤」になった信号が悪いのよ』

本日の名言

かってに「赤」になった信号が悪いのよ

発言者:山岸由花子
引用元:ジョジョの奇妙な冒険第四部「ダイヤモンドは砕けない」

概要

エステティシャン・辻彩のスタンド、シンデレラにより「愛と出逢うメイク」を施された山岸由花子は、エステを出てすぐ兼ねてより片思いだった広瀬康一と出逢う。
以前の事件で気まずい雰囲気が続いていたと思われていたが、康一とも仲直りができ、更に一緒にカフェに行くこともできた。
そこで偶然にも二人の手が重なり、雰囲気は最高潮に。
だが、シンデレラによる運命操作は30分しかもたないため、折角の盛り上がった雰囲気も康一が突如お腹を壊して帰ってしまったせいで終了。
30分で別れる運命なんて我慢できない、という由花子はエステ・シンデレラを再度目指す。
途中、赤信号を平然と渡り、運転手から怒鳴られるも

「うるさいわね!
かってに『赤』になった信号が悪いのよ」

と言い、その直後、複数台の車が衝突するも意にも介さないのだった。

考察

赤信号を平気で渡り、そのせいで事故が起きようとまったくお構いなし。
いかにも由花子らしいセリフですね。黙っていれば美人なのですが……
康一に対しては、前回よりもかなり丸くなったようですが、本質はあまり変わっていないようです。
しかし、ジョセフからエステ・シンデレラの話を聞いた時には、無関心を装っておきながら、後で行ってみる等、可愛らしいところもあるようです。
億泰のいうとおり、恋愛の真面目さに関しては一流です。
それにしても、信号機に責任を擦り付ける当たり、そのセンスには感服せざるを得ません。
実際、急いでいるときに信号が赤になるとこう言いたくなることも多そうです。
無機物に対して腹を立てたところで無駄だとは分かっているのですが、自分が渡る直前にタイミングを見計らったかのように赤になるとついこのセリフが頭を過ってしまいますね。
歩行者だけでなく、運転手側にも同様のことが言えそうです。
尤も、車の場合にはいきなり赤になったりはせず、黄、赤の順ですね。
余談ですが、黄色信号を青とみなすか、赤とみなすかは地域によってかなり差があるようです。
見知らぬ土地では安全運転を心掛けた方が無難です。

活用方法

歩行者の場合、渡ろうとした信号が赤になっても急いで突っ切る場合に。
運転手の場合、赤信号に変わった時に急いで突っ切る場合に。
…正直、どちらもあまり褒められたものではないので活用は難しいです。
特に運転手側の場合、下手にこれをやると減点になるので要注意です。

スポンサードリンク