ジョジョ:空条承太郎の名言『おれはやると言ったらやる男だぜ』

2018年1月28日

本日の名言

おれはやると言ったらやる男だぜ

発言者:空条承太郎
引用元:ジョジョの奇妙な冒険第三部「スターダストクルセイダース」

概要

鋼入りのダンという名のスタンド使いは承太郎達に敗北したエンヤ婆を口封じのために始末する。
仲間のはずのエンヤ婆を躊躇なく手にかける残虐な手口、DIOのことを信頼していたエンヤ婆を侮辱するダンの言葉に怒りを覚えたジョースター一同は彼と対峙する。
四人がかりで攻撃しようとしても、余裕の姿勢を崩さないダンに痺れを切らした承太郎はスター・プラチナでダンをぶっ飛ばすが、その瞬間ジョセフもダンと同じように吹き飛ばされる。
ダンのスタンド、ラバーズは体内に侵入した相手にダンが受けたダメージ、痛みを数倍にして返すスタンドであり、既にジョセフの体内に侵入していた。
ダンを攻撃するのはジョセフを殺すことに繋がりかねない。
ダンは調子に乗り、承太郎を挑発する。
このとき、承太郎はダンの胸倉を掴み上げて言った。

「あまりなめた態度とるんじゃあねーぜ
おれはやると言ったらやる男だぜ」

結局、その場ではジョセフを人質に取られているため叶わなかったものの、承太郎が言った言葉は後に現実となる。

考察

一見すると不良の承太郎ですが、自分の身内には優しいところが見られます。
自分の祖父を人質に取られ、頭にきているものの、手を出すことまでは叶わない苦悶が伝わってきます。
思えば承太郎は割と執念深く、忍耐強いので、倒すと決めた相手は自らの手で倒すよう動きます。
ダンにいたぶられて耐えられたのも、後にダンを追い詰めることができたのもこれらの性格によるものでしょう。
やると言ったらやる。
簡単なように見えて意外に難しいです。
特に、冷静に物事を考えずに勢いで言ってしまった場合には、まず無理です。
この言葉は、最初に自分が本当にできるかどうかを考えたうえで、一度やると決め、そのうえで心が折れそうな時に自分自身を振るい立てるときに使うと効果的かと思います。
「言霊」というように、実際に口に出すと、心の中で考えているだけの時より効果があるようです。
他人に聞いてもらうことで、さぼることはできない、というように自己暗示もかけられます。
うまくいけば、周囲にも意思が強い、と評価してもらえるかもしれませんね。

活用方法

受験勉強のラストスパートをかけるときに。
勿論、このセリフは実際にやらなければ意味がないため、言ったからには努力が必要です。
結果まで出せれば文句なしです。
まさに有言実行と言えますね。

スポンサードリンク