HDMIとは何をするためのもの?基本から勉強しよう!

HDMIとは?

HDMIケーブル
図1 HDMIケーブル

HDMIってよく聞くけど、どんな機器で何に使うのか?
知っていると様々な用途に使える機器ですので、ここではHDMIとはどんな機器で、何をするためのものかをご紹介しましょう。

HDMIとは、High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略です。
これだけ聞いたのでは、何のことかさっぱりですね。
1個1個単語を分けて考えてみましょう。

High-Definition:高精細度
精細度とはどれぐらい細かいところまで行き届いているか、という語です。
つまり、高精細度とは精度の高い、細部までよくできている、といった意味です。

Multimedia:マルチメディア
マルチとは、「複数」を意味する言葉です。
よって、マルチメディアとは音声、映像等の複数の情報を伝える媒体、手段という意味です。

Interface:インターフェース
パソコンや周辺機会を繋ぐための接続部、またはコネクタをインターフェースといいます。
HDMIというと、一般的に図1のようなHDMIケーブルを指すことが多いので、今回はコネクタと解釈しましょう。

上記より、HDMIとはつなげると「高精度に音声、映像を伝えることができるコネクタ」となります。

HDMIとは何をするためのもの?

HDMI端子
図2 HDMI端子

HDMIが「高精度に音声、映像を伝えることができるコネクタ」ということは分かりましたが、では何から何に音声や映像を伝えるのか?
まず、音声や映像の出力先は、HDMI端子をもった液晶ディスプレイ等です。
HDMIに対応しているディスプレイであれば、図2のような形状の端子があるはずです。
丁寧なメーカーなら「HDMI」と記載してくれていることもあります。
ブラウン管テレビのようにHDMI端子がない機器では残念ながら使えません。
入力元はというと、ざっと見ただけでも

①パソコン
②DVDレコーダー
③ブルーレイディスクレコーダー
④ゲーム機
⑤スマホ※
※変換アダプタが必要

等、挙げてみると結構あります。
これらの入力から入ってきた映像、音声を出力先のディスプレイで表示したり、流したりできるのです。

何故HDMIを使う必要があるか?

HDMIを使うと、以下のようなメリットがあります。

①端子が少なくて済む。
②高精度な映像、音声を楽しめる。

①ですが、一昔前のスーパーファミコンを思い出してみましょう。
スーパーファミコンとテレビを繋ぐのに、映像用の端子と音声用の端子の2つがあったはずです。
音声を左耳、右耳に分けて出す場合は、端子は3つになります。うちのがそうでした。
このように、本来は映像用と音声用で2つの端子が必要になるはずなのですが、HDMI端子を使えば映像用のデータと音声用のデータを一緒に送ることができるので、端子は1つで済みます。
端子の数を少なくすることで、煩雑な接続になるのを防ぐことができるのです。

②ですが、これは実際に見たり聞いたりして比較しないと分かりにくいかとは思います。
イメージとしては、一昔前のブラウン管テレビを想像してもらえば良いです。
電気信号で映像、音声を出していると、周囲からノイズが入った時に電圧値が変化してしまい、映像が乱れたり音声が途切れたりします。
HDMIは、電気信号ではなく、デジタル信号を使用しています。
デジタル信号はノイズが入ってきた場合、誤った情報を修正することができます。
よって、ノイズに強く、映像や音声の情報を高精度で出力できるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
HDMIでなくても生活に困る、という程ではありませんが、HDMIがあれば様々な機器からの映像、音声を大画面の液晶ディスプレイから高精度で出力することができるのです。
それでいて対応している機器でさえあれば、大抵ケーブル一本でできるので、お手軽に使えるわけです。
興味を持たれた方は、周囲の機器がHDMIに対応しているか、調べてみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

HDMIHDMI

Posted by かーず