小説家になろうの作品登録手順

最近嵌っているネット小説投稿用サイト、小説家になろうの登録手順です。
といってもまあ、手順自体は小説家になろうのサイト自体に記載してあるんですけどね。
ただ、新規小説作成とかダイレクト投稿とか、いろいろな用語が出てきて、各々について結構丁寧な記載があるので、そういう説明は良いから、とにかく早く投稿したい!という人は以下の手順を参考にしてください。

手順1
1.まず、ログイン後のユーザーページで、「新規小説作成」を選択します。

手順2
2.投稿したい作品のタイトル、及び本文を入力します。
 ちなみに、この時点ではサブタイトルを入れる必要はありません。

手順3
3.こんな感じで、入力し終えたら下の新規作成ボタンを押して、一旦保存します。

手順4
4.執筆中小説として、上記のように表示されます。

手順5
5.もし、修正したい個所があるなら、ページ下部の編集ボタンを押して修正します。
 プレビューを押せば、投稿したらどのような表示になるかを確認できます。
 直すところがないなら、投稿を押します。

手順6
手順7
6.小説の情報です。
 (1)年齢制限
  まず、「年齢制限なし」か「18歳未満閲覧禁止」かを選択します。
  この設定は後で変更することができません。
  特にR18小説を書こうとしている場合に誤って「年齢制限なし」に設定してしまうと、
  最悪途中で小説そのものを削除しないといけなくなるので注意が必要です。
  また、「年齢制限なし」の場合、「R15」のチェックがあります。
  R15の基準としては、小説家になろうの記載によると
  ・15歳未満の年少者に刺激が強い性的描写、大量出血の描写があるもの
  ・いじめ、殺傷などの模倣を誘引するもの
  ・その他15歳未満の年少者には閲覧を控えさせたいもの
  となっています。
  ですので、基本的に戦闘ものの小説を書きたい場合には、チェックしておいた方が
  無難だと思います。

 (2)種別
  1、2回の投稿で終わるような「短編小説」かそれ以上に続く「連載小説」かを選択します。

 (3)開示設定
  小説家になろうグループから検索除外対象するかの設定です。
  多くの人に閲覧してもらいたい場合には、基本的にチェックを入れないでおきましょう。

 (4)TRPG
  権利者の許諾を得たシステム(RPG等)のシナリオを使っているか。
  一次創作の作品は、基本チェックしないです。

 (5)二次創作
  東方プロジェクト等の、一部の二次創作の許可が下りているシナリオを使う場合は
  チェックします。
  一次創作の作品は、基本チェックしないです。

 上記の項目を設定したら、次へを押します。

手順8
7.小説家になろう内で検索する際のキーワードを設定します。
 ここで自分の作品に当てはまるキーワードがあれば、どんどんチェックしましょう。
 その方が多くの人に見てもらいやすくなります。

手順9
8.恋愛、ファンタジー等、作品のジャンルを選択します。

手順10
9.上記の続きです。
 (1)登録必須キーワード
  戦闘が入るような小説では、「残酷な描写あり」にチェックを入れた方が無難です。
 
(2)あらすじ
  検索結果に表示される、その作品の概要を示す文章です。
  この内容で、作品に興味を持ってもらい、見てもらえるかがかかっていると言っても過言では
  ありません。

  気合いを入れて書きましょう。

 (3)キーワード・固定キーワード
  ジャンル等により自動的に入ってくるキーワードです。このキーワードは外せません。

手順11
10.上記の続きです。
 (1)キーワード
  7,3で入れたキーワード以外で設定したいキーワードをここに入れます。
  ですので、7,3のキーワードとは被らないキーワードを選択しましょう。
  公式キーワードを選択ボタンを押すと、公式でよく使われているキーワードの一覧が表示
  されるので、それを入れるのも良いでしょう。
 (2)作者名
  作者名を入れます。
  ユーザー設定時とは別の名前を入れることもできます。

手順12
11.上記の続きです。
 (1)作品タイトル
  その作品のタイトルです。
 (2)サブタイトル
  2,3で本文を入力しましたが、そのサブタイトルをここに入力します。
 (3)前書き
  各サブタイトルの本文上に表示される文章です。省略可能です。
 (4)後書き
  各サブタイトルの本文下に表示される文章です。省略可能です。
 (5)予約掲載設定
  年月日、時間を入力することで、指定した時間に自動的に作品を投稿してくれます。
  欠点としては、時間単位でしか設定できません。
  7:30に設定、とはできず、7時丁度にしか設定できないわけです。
  なので、この機能を使っている人が何人もいた場合、00分になった瞬間、
  大量に作品が投稿されてあなたが投稿する作品が検索結果の下に埋もれてしまう可能性が
  あります。
  このような事態を避けるなら、なるべくこの機能は使用せず、手動で、00分の時間は避けて
  投稿することをお勧めします。

手順13
12.登校前の最終確認です。確認してOKなら、下の確認ボタンを押します。

以上で作品の投稿は完了です。
投稿した作品は、投稿済み小説で閲覧したり、編集したりすることができます。
これを読んで、あなたも自分で手塩にかけて作成した小説を投稿してみましょう!

スポンサードリンク