ジョジョ:ジョルノの名言『2度同じ事を言わせないでくださいよ』

2018年1月21日

本日の名言

2度同じ事を
言わせないでくださいよ…

1度でいい事を
2度言わなけりゃあいけないってのは…
そいつが頭悪いって事だからです

発言者:ジョルノ・ジョバーナ
引用元:ジョジョの奇妙な冒険第五部「黄金の風」

概要

空港でアルバイト(?)をしていたジョルノに対して近付いてきた涙目のルカ。
良い友情関係を築くには、嘘をつかない、相手を敬う、恨まないの3つのUが必要だと説いてくる。
相手の要件が今一よく分からないジョルノが何の用かと聞くと、ルカは突如態度を豹変。

「話を今してんのはこのオレだッ!
誰が質問していいと言ったッ!?
このボゲがッ!」

彼は組織パッショーネの構成員の一人であり、空港でショバ代を改修していたのだ。
敬いの献上品、金を払わなければ友情も長続きしないと言って、ジョルノから財布を奪うルカ。
だが、ジョルノからは「お金は警備員に払ってしまったからもうない」と告げられ、その言葉通り財布の中身は家族と思しき男性の写真一枚のみで金は入っていない。
ルカは諦め悪く、どこに金を隠し持っているのかと詰め寄るがジョルノは

「ルカさん……二度同じ事を言わせないでくださいよ……
一度でいい事を二度言わなけりゃあいけないいけないってのは……そいつが頭悪いってことだからです」

と発言し、払うつもりなど毛頭ないことを告げるのだった。
怒ったルカは手にしたスコップでジョルノを襲うが……

考察

一応年上の相手なので丁寧語を使ってはいますが、もはや敬意の欠片も感じさせません。
もっとも、フーゴもナランチャの方が年上でありながら、年上に対する態度とは思えない暴力、暴言を繰り返していますしギャングの世界には年上に対する敬意なんて元々存在しないのかもしれません。
これは現実社会にも言えそうですね。
今の会社では年功序列が当てはまらないところもあり、指示を出す上司の方が部下より年下だった、なんて話はそんじゃそこいらに叩き売る程ありそうです。
まさに実力主義と言ったところです。
今回の例も、スタンド能力があるジョルノには絶対勝てるという自信があり、ルカに対する恐怖等微塵もなかったのでしょう。
とはいえ、それでも大した度胸です。ギャングになる素質を窺えるセリフですね。

活用方法

こちらが言ったことを理解しようとせずに、同じことを繰り返し聞く相手にぴったりのセリフです。
ただし、実際に発言するなら度胸が必要です。
普段は心の中で毒付く程度に留めておいて、実際に喧嘩になったら使うのもありですね。

スポンサードリンク