ジョジョ:ポルナレフの名言『おれっていつもそうだ…いなくなってはじめてわかるんだ』

2018年1月21日

本日の名言

おれっていつもそうだ…いなくなってはじめてわかるんだ

発言者:ジャン=ピエール・ポルナレフ
引用元:ジョジョの奇妙な冒険第三部「スターダストクルセイダース」

概要

DIOの館に潜入したポルナレフ、アヴドゥル、イギー。
彼らを待ち受けていたのは、DIOの腹心中の腹心、ヴァニラ・アイスだった。
ヴァニラ・アイスの攻撃からポルナレフ、イギーを庇い、アヴドゥルは暗黒空間に呑み込まれ、命を落としてしまう。
イギーはヴァニラ・アイスから暴行を受けて瀕死の重傷を負ってしまう。
そんな中、ポルナレフはヴァニラ・アイスの策に嵌ってしまい、暗黒空間に呑みこまれるのを待つだけの状態に。
その瞬間、イギーは重傷の身でスタンドを発動、ポルナレフを救って自らは死亡。
残されたポルナレフはヴァニラ・アイスの不意を打って、脳天に剣を突きたて、撃破する。
ポルナレフは死亡したイギーを眺め、心の中で彼のことを想う。

「ちくしょう……
なんてこった……
おれはこいつのことを好きだってことが 今わかった……
おれっていつもそうだ
…いなくなってはじめてわかるんだ

ひねくれたクソ犬と思ってたけれど
どんな人間にもなつかない
つっぱったおめーが
好きだった……

いっぺんも愛想をふりまかねえその性格は
本当に誇り高い奴だったってことが
今になってわかった」

考察

いつもいなくなって初めて分かる、というのはイギーだけでなく、アヴドゥル、そして妹シェリーのことも入っているのでしょう。
それほどまでに、ポルナレフの人生は失うものが多かった。
程度の差はあれど、人間誰しもそんなことでしょう。
一緒にいる間はそれが当たり前のように思え、何らかの事情により自らの前からいなくなるときになって初めて大事な人の存在に気が付く。
考えれみれば、イギーが最初に対面したジョースター一同はポルナレフでした。
初っ端から髪の毛を引き抜かれるわ、目の前で屁をされるわ、散々な目に遭わされましたが、気が付かないうちに好きになっていたというのも感慨深いです。
大事なものを失って、悲しみに暮れるのは無理からぬこと。
だからこそ、人は今あるものを大事にしていかなければならないのかもしれません。

活用方法

中々に感慨深いセリフではありますが、できればこのようなセリフを使う機会はないに越したことはありません。
そうはいっても、人間生きていれば出会いと別れを繰り返すものです。
何ともない日常生活で、ふとこのときのポルナレフを思い出してみるのも良いでしょう。
そうすることで、今自分にとって大事なものは何か、見つめ直す機会になるかもしれません。

スポンサードリンク